ぽちっと東国の城とは

「戦国時代の城跡」と言われる場所に行ってみたけれど、何もない山だった。写真を見ても、ただの雑木林… そんな経験、ありませんか?

戦国の城は、山を削ったり、地面を掘ったりしただけの「土の城」。それもそのはず。何といっても、いつ敵が攻めてくるとも知れない乱世のこと。城づくりだって、大急ぎ。見映えのする立派な建物をわざわざ造っている余裕なんか、ありません!
でもよく見ると、武将たちが生き残りをかけて必死に工夫した跡が、ぎっしりと詰まっています。

戦国時代に築かれた土の城が、ただの山か雑木林にしか見えないのは、「土の城がどんなものか」というイメージが頭の中に浮かばないから。イメージが湧いて、ちょっとした見方のコツさえつかめれば、ただの山や雑木林がたちまちワンダーランドに変身するのです!

「土の城」がわかれば、戦国はもっと面白い!

このアプリは、既刊『「東国の城」の進化と歴史』(河出書房新社)に掲載された、14城の精密な城郭復元イラストを利用して、皆さんを戦国ワンダーランドへご招待。
「戦国の城って、こんな感じだったのか」と、イラストを眺めているだけでもイメージが湧いてきますが、さらに、イラスト上のポイントをタップすると、その場所ごとの説明が詳しく表示されます。

説明してくれるのは、それぞれの城に関わった武将たち。お城大好き女子が、戦国時代に元気よくタイムトリップして、あなたの代わりに質問をぶつけちゃいます。
また、アプリの企画・監修は、大河ドラマ『真田丸』で城や合戦シーンの考証にあたった、城郭研究家の西股総生先生。これまでの復元イラストとは一味も二味もちがう、「戦う城のリアルさ」が楽しめます!

さあ、皆さんも『ぽちっと東国の城』で、戦国時代への妄想タイムトリップを思いっきり楽しんでください!

有料完全版

ぽちっと東国の城

東国の城14城を掲載した
完全版アプリ(価格¥600)

  • App Store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう
14の土の城 イラストの細部まで詳しく解説(約400ヶ所)

主な機能

東国の城14城をアプリで堪能

復元イラストや縄張り図とともに掲載された解説ポイントは約400か所。豊富な情報量で土の城の楽しみ方がさらに広がります。

城の歴史や探訪おすすめ度を掲載

収録されている14城の概要説明には、城の歴史や現在の整備状況の他にも、城跡の歩きやすさなどの探訪おすすめ度を掲載。

拡大して見たい場所をじっくり

復元イラストは「ピンチイン・アウト」で拡大可能。解説ポイントの番号をタップすると名称とともに詳しい解説が表示されます。

城郭研究家の精緻な縄張り図

城毎に縄張り図(現地踏査により城の全体を図に描き起こしたもの)を収録。拡大表示で利用すれば実際の探訪時に便利!

城主との対話形式でわかりやすく

ポイントの説明は、城主との対話形式で城好き初心者にも徹底的にわかりやすく解説。お城大好き女子が、あなたの代わりに質問をぶつけます。

探訪に便利な所在地マップ

Googleマップ上で城跡の場所を確認。空中写真に切り替えて城跡の現状を確認したり、ルート案内機能でナビゲーションも行えます。

「東国の城」の進化と歴史

こちらで販売中 Amazon

地形、任務、時代背景…年代ごとの諸要因を読み解き、いかに東国の城が進化していったのか、縄張り研究の視点で追う!
●著者 西股総生 ●イラスト 香川元太郎

こちらで販売中 Amazon

無料お試し版

ぽちっと深大寺城

深大寺城1城分のお試し解説が
楽しめる無料版です。

  • App Store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう